FC2ブログ

Kaori Bodymake

Kaori Bodymake

 第一回目 基礎解剖学WS in 長岡

今年初回のWSは、基礎解剖学ー足部・足関節ー
でした。

こんにちは。Enn金子香織です。

個人的に大好きな足部。なぜ好きかというと、ここの骨の位置を正すのが単に楽しいのです( ´艸`)

それはいいとして。
足部は構造上骨も関節も多い部位です。そのため骨格の位置を正すとなると細まやか修正が必要になるのですが、それにはまず「解剖」を知っていくことが必要になるかと思います。

そこで、今回は基礎になる足部足関節の解剖をやっていきました。


さて、足関節でおきる運動で、底背屈や内外転、また内返し外返しといった動きがありますが、それらの動きを自動制御しながら動かすことはできるでしょうか?


今回ご参加いただいた方の中には、それぞれの動きに対し「他動」では動いても「自動運動」が出来ずにいる方がいました。
他動で動かせれるのなら、自動制御できてもよさそうですが、そう簡単にはいかないものですね^^



基礎解剖・第一弾(レベル1)では、主に関節の形態、運動と筋肉を見ていきますが、内容は、関節の運動+それに関わる筋を一つ一つ見ながら動かす練習をしていく流れになっています。


足部は筋肉も多く、足部内在筋と分類される筋も数多く存在しています。
細やかな筋肉も役割があり、親指を動かすものたち、小指を動かすものたち、土踏まずのアーチをつくるものたち、横のアーチをつくるものたち、などたくさんあるのですね。




例えば、
足指を「パー」と拡げることはできますか?
また足指を中心へ向かい寄せることはできますか?

図1

これらの動きは自動で動かせれるようになった方が足の筋機能としての役割を果たせる可能性が高いですよね^^


では実際に足指を閉じるという動きはどの筋が作用しているでしょう。
主に母趾内転筋や底側骨間筋が行います。

足指を開くという動きはどの筋が作用するでしょう?
主に母趾外転筋や小趾外転筋、背側骨間筋などが担います。


という具合に関節はどういった動きがあり、その動きに作用する筋は何か?
と見ていきエクササイズに転換することができれば解剖は覚えやすくなるかな、と思います。

ですのでこの基礎解剖学WSでは、エクササイズをしながら覚えて貰えるよう進めています。
関節も正常角度まで動かせれるかの確認をしながら進めていますので、結果かなり筋を動かします。

そのため今回、WS前に動かすことができなかったある関節運動に対し、WS後は自力で動かし制御できるようになっていました^^

面白いですね^^
しかも楽しいです!


ご参加下さった皆さまありがとうございました^^


次回は、膝関節がテーマです。
進み具合により股関節へ進むかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
■ エクササイズで覚える基礎解剖学WS

2月17日(日)13:30~15:30
参加料:¥4,320
会場:Enn 長岡市寺島町658-303
講師:金子香織

詳細・お申込は↓
http://enn-nagaoka.com/academy/ws.html



スポンサーサイト
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply